顔写真

Sustainable Goals

持続可能な目標とは

リトルソフトの初めての求人募集で入社した社員で、
今現在は技術統括マネージャーとして前線で活躍中。
入社時のことや前線で働き続けられる理由を聞いてみました。

顔写真

Ikko Takayama

高山 一巧

製品を自らの手で作り上げる喜びがモチベーションの源泉であり、
それを会社のメンバーと共有していきたい

設立翌年、社員たった4名の会社へ飛び込んだ理由は?

高山:一番の理由は、会社の成長に携わり会社の「一員」としての実感を得たいという思いがあり、あえて少人数の会社を探していたということです。

その時に入社面接をしてくれたのは代表の長尾さんで、スマートな雰囲気と会社の目指すところの話に惹かれ入社を決意しました。

入社後どうなりましたか

高山:入社後は主に製品基盤の開発を担当しました。苦労などもありましたが、自ら作った自社製品が公開され、初めて契約の申込みがあった時の喜びは言葉にできないほどでした。

今現在は技術統括マネージャーとして、サービス開発基盤の構築を中心に運用・保守環境に関わる周辺技術の統括管理、社内メンバーへの教育・啓蒙など多岐に渡って業務を遂行しています。

あれから14年、この仕事をリトルソフトでやり続けているワケは?

顔写真

高山:「LS クラウド・ウェア」開発の経験が一番大きく、製品を自らの手で作り上げる喜びが他にはない充実感や達成感を得られてることですね。

また、子供のお迎えや急な休みなどが必要になるときもあったが、リトルソフトでは家庭も大事にという会社の雰囲気もあり、仕事と両立できたのがとても嬉しかったです。

今後の展望があれば教えてください

高山:常に新しい技術を取り入れ、よりよい製品開発を目指すというのを意識しながら日々奮闘しています。

あとは自分が経験した充実感・達成感を若いメンバーにも経験をしてほしく、そのための開発基盤の整備・メンバーの教育といった部分にも力を入れていくというのが今後の展望です。