新卒採用者に
インタビュー

顔写真
INTERVIEW 01 2015年 入社
高月 亮Ryo Takatsuki 東京工業大学 大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 卒業
どのような経緯でリトルソフトを選びましたか?

私はもともとゲーム制作が趣味で、オープンソース・ソフトウェアを改変してゲーム製作を支援するウェブサービスを運用しており、 自分の知識が生かせそうなこの業界を志望しました。 サーバーサイドJavaやSQLそのものの開発経験はありませんでしたが、 ゲーム製作やウェブサービスを運用していく中でNoSQLやNode.js,CGIなどサーバーサイドに触れていたことがあり、 この会社ならば視野が広がるとともにしっかり貢献できそうだと考え入社を決めました。

入社後どんな仕事をしていますか?

SQLが分からなかったので、まずはその勉強から始まりました。一ヶ月半程度かけてMySQLを使用した簡単なWebアプリが書けるようになったところでプロジェクトに参加しました。 社内勉強会もあり、日々新しい知識を得ています。現在はある企業の社内向けWebアプリ開発プロジェクトや社内システムの開発などを行っております。

今後リトルソフトでなにをやっていきたいですか?

今は正直なところ見習い勇者でしかありません。知識不足により情けない姿を見せることもあります。 しかしスライムで手こずる見習い勇者も、経験値を上げれば魔王を倒し世界を救うくらいに強くなることができます。 技術を磨きプログラマーとして尊敬される知識と人格を得て、ゆくゆくは社長の椅子を目指します。

会社の雰囲気はどんな感じですか?

観賞植物がたくさんあるとても緑あふれる場所です。クリエィティブな雰囲気で落ち着きます。 入社前に思っていた以上に”無理しない空気”があり、ON/OFFのメリハリをつけて働くことができます。

就活生にむけて一言

ビジネスは大学の研究とは違います。大学の研究のコーディングではバグだらけのコードでも結果を出すことがとにかく求められますし、 時間がたっぷりあるのでのんびりと悩めます。 ビジネスのコーディングではそういうことはありません。 しかしまるっきり違うわけでもありません。 大学時代に学んだソフトウェア工学の知識は今の私をしっかり支えています。 学生時代の勉強は社会人になってからも役に立つことが多くあります。今を全力で頑張ってください。

顔写真
INTERVIEW 02 2014年 入社
下田 悠介Yusuke Shimoda 早稲田大学 社会科学部 卒業
どのような経緯でリトルソフトを選びましたか?

大学生のときに父親の仕事の手伝いで本の制作に携わっていました。 その本はパズルの本なのですが、 あるときスマホアプリを制作している会社様からそのパズルをアプリとして出さないかというお話を頂き、アプリを作ってもらうことになりました。 そのとき企画会議に自分も参加し、紙媒体でやっていたものからアプリ化することによって広がる可能性に興味を持ち、この業界を目指すようになりました。 中でもリトルソフトは新しいことに挑戦し、新しいものを作り出そうという特色が強かったので応募しました。

入社後どんな仕事をしていますか?

入社して初めての仕事は、スマートフォン対応のページ作りでした。 PCに比べ画面が小さく、一度に与えられる情報量が少ない中で、 どのようなレイアウトにしていくかを考え、先輩方のサポートを受けながら実際に実機を使って色々と調整を行い、より使いやすいものになるように工夫をしました。 最近では、iPadアプリ開発のプロジェクトに参加しました。入社直後とは違い内部的な機能の実装も任されるようになり、 その分責任感も増えましたが、完成した時の充実感は今までで一番大きなものでした。 社内勉強会も週に2回に行われるようになり、より広い分野の技術を学べる機会が多くなりました。

今後リトルソフトでなにをやっていきたいですか?

まだまだ一人で仕事をこなせるほどの知識がないので、まずは色々な言語を勉強して習得したいと思っています。 そして、プログラミングだけでなく、データベースの設計や管理なども行い、モバイルアプリの開発などに今後携われたらと思っています。

会社の雰囲気はどんな感じですか?

少人数でとても和やかな居心地の良い会社だと思います。 また、仕事を早くから任せてもらえて、そして先輩方からたくさんのサポートやアドバイスをしてもらえるので、 入社してしてすぐにやりがいを感じながらどんどん成長していくことが出来ると思います。

就活生にむけて一言

就活は会社が個人を選ぶよりも前に、個人が会社を選ぶことが出来ます。 自分がどんなことに興味があるのか、 どんなことをやってみたいかをよく考えて、その気持ちに正直に就活するのが一番だと思います。 周りに流されず自分に自信を持って頑張ってください。

顔写真
INTERVIEW 03 2013年 入社
小倉 輝泰Teruyasu Ogura 日本大学 商学部 卒業
どのような経緯でリトルソフトを選びましたか?

私は、商学部の出身なので最初は経理などの仕事を中心に就職活動をしていましたが、ある会計ソフトを扱っている会社の説明会に参加した時にソフトウェア業にも興味をもちました。 その後は、ソフトウェア業の会社も視野に入れて就職活動を続けリトルソフトに出会いました。 リトルソフトは、まだ人数が少ないのでチャレンジする機会が多いと思ったのでリトルソフトに決めました。

入社後どんな仕事をしていますか?

今までいくつかのプロジェクトに携わらせていただきました。 中でも通信販売の管理システムのプロジェクトでは、 商品の受注や返品の機能など様々な機能を作成しなくてはいけないためいろいろな開発をする機会があり、とても経験になりました。 分からないことは、先輩方のサポートのおかげで解決することができました。最近では、弊社の製品の開発に参加しています。 今までやってきた経験を生かして製品の品質向上の力になれるよう頑張っています。 まだまだ分からないこともたくさんありますが、 入社当初では理解できなかったことを理解できるようになっているのを実感しています。

今後リトルソフトでなにをやっていきたいですか?

まだ分からないことばかりで先輩方から技術や知識を吸収する毎日ですが、少しでも多くの経験を積みできることの幅を広げていきたいです。 そして、これから入社してくる後輩の方々に得たものを教えられるようになりたいです。

会社の雰囲気はどんな感じですか?

業務中はみんな静かに仕事をしています。 分からないことがあれば、先輩に質問すると丁寧に教えてくれます。 社員全員が同じフロアにいるのでとても風通しのいい職場だと思います。 飲み会では、仕事中とは違いみんなでわきあいあいとしています。 冗談を言ったりムチャぶりがあったりしてすごく盛り上がるので毎回とても楽しいです。

就活生にむけて一言

就職活動は、友人が内定をもらい始めるととても焦ってしまうと思います。 周りと比較せず焦らないでどんどんチャレンジして欲しいと思います。 ときにはやりたいことを思いっきりやってリフレッシュすることも必要だと思います。 学生時代にしかできないことをどんどんやって、社会人になって後悔しないように学生生活を楽しんで下さい。

現在、エン転職で求人募集記事を掲載中です。以下のリンクからエントリーをお願いいたします。